長聖ニュース

2013年2月

17期生 カナダからの報告⑧

修了式。ホストファミリーに見守られて…。

中学 2013/2/28

  2月27日。
  いよいよCPCIの授業も最終日となり修了式を迎えました。会場まで出向いてくださったホストファミリーが見守る中、ジム校長先生から生徒一人ひとりに修了証が手渡されました。
  生徒たちからホストファミリーへの感謝の気持ちを込めた合唱の発表やけん玉・ダンス・ギター・バイオリン・合唱の特技発表で、会場は盛り上がりました。その後の立食パーティーが終わると、最後の夜を過ごすべく、生徒たちは各ホストファミリーとともに帰宅していきました。
  明日はバンクーバーに移動し、あさっての帰国の準備をすることになります。

 

《長聖ニュース》

祝 スケート世界大会入賞! 大林君が頑張りました!

高校 2013/2/27

  本校スケート部3年の大林昌仁君が、世界大会で入賞の快挙です。
  まず、2月15日・16日にイタリア・コラルボで開かれたジュニアワールドカップ・ファイナルに日本代表として出場し、3000mで5位となりました。昨年末のカナダ大会で3位、ドイツ大会で4位となっている大林君は、この種目で見事総合3位に入賞しました。
  また、22日から同地で開催された世界ジュニア選手権にも出場し、500mから5000mまでの4種目をあわせた総合では17位でしたが、3人による日本代表チームの一人として出場した団体追い抜きでは、ノルウェーを下して3位となり、こちらも入賞を果たしました。

 

《長聖ニュース》

17期生 カナダからの報告⑦

マウントダグラス校訪問。カナダの若者たちと交流!

中学 2013/2/27

  2月26日。今日はヴィクトリアのマウントダグラス校(Mount Douglas Secondary School)へ行ってきました。日本にあてはめると中学3年生から高校3年生が通学する学校で、毎年本校がカナダ研修中に訪問しています。
  各グループにマウントダグラスの生徒がついて、校内を案内してくれたあと歓迎式が行われました。マウントダグラス校の生徒たちは、合唱・吹奏楽演奏・ダンスなどの発表で大歓迎してくれ、こちらも剣道の型を紹介したり、バイオリンの演奏や『大地讃頌』・『Fight』 の合唱を発表したりして、それに応えました。
  昼食を食べながら一緒にゲームを楽しんだ後、グループごとに「クッキーをつくる」 「ダンスをする」 「演劇を学ぶ」 「交流ゲームをする」 「紙で橋をつくる」 などの授業をマウントダグラス校の生徒と一緒に受講しました。
  マウントダグラス校の生徒たちと共同作業を行うことで、「同じ目的のために行動する喜び」や、「意思疎通の方法とその必要性」を実感できました。

 

《長聖ニュース》

17期生 カナダからの報告⑥

小学校訪問。ボランティア活動をしました。

中学 2013/2/26

  2月25日。ヴィクトリアのシタデル教会における授業も、今日を含めて残すところ3日になりました。
  今日の午前中は通常の授業、午後は各英語クラスに分かれてカナダの小学校にお邪魔して、ボランティア活動を行ってきました。「相手の名前を漢字で書く」 「福笑いで一緒に遊ぶ」 「折り紙で兜や鶴を折ってプレゼントする」 という活動をしました。小学生と英語でコミュニケーションをとる生徒たちを見ると、とても貴重な時間を過ごすことができたと感じます。
  生徒たちの成長は目を見張るようです。
  夜、ホストファミリーのお宅を3軒、訪問させてもらいました。家の大きさや家族構成、ペットの有無などはそれぞれ異なりましたが、どの家庭も、私たちがつたない英語で話しても我慢強く聞いていただき、優しく話し掛けてくださるようなホストファミリーばかりでした。
  明日はマウントダグラス校(高校)訪問です。今度は少し年上のカナダの若者たちとコミュニケーションをとることになります。

 

《長聖ニュース》

17期生 カナダからの報告⑤

ホストファミリーの優しさを感じています。

中学 2013/2/25

  2月23日、24日。
  土曜日・日曜日はCPCIの学校も休日となります。生徒たちは2日間のウィークエンドをホストファミリーと過ごしました。アイスホッケーを見に連れて行ってもらった人もいれば、ショッピングや博物館に連れて行ってもらったり・・・ホストファミリーが一生懸命、生徒たちを喜ばせようとしてくださっている姿が目に浮かびます。
  私たちも出かけた先々でホストファミリーに案内されている生徒たちに遭遇しました。もちろん異国の地で英語を話す人に囲まれているわけですから緊張感たっぷりの様子です。でも、ホストファミリーの優しさにこたえるかのように英語でコミュニケーションしようとしていました。また、私たちと遭遇して、母国語を話せる喜びも味わっているようでした。

 

《長聖ニュース》

17期生 カナダからの報告④

カナダで確実に成長しています。

中学 2013/2/23

  2月22日。
  今日のヴィクトリアは雨交じりの天気でした。予定ではシニアホームへ訪問する日でしたが先方の都合で変更となり、今日の授業は、お菓子作りと月曜日に行う小学校へのボランティア訪問の練習となりました。
  お菓子はライスクリスピースクウェアというもので、ライスシリアルに味をつけて溶かしたマシュマロで固めるというものでした。家庭科の授業のようで、説明や指示は全部英語ですからそれほど簡単なことではありません。しかし生徒たちはそれを意識せず、楽しんでお菓子作りをしているように見えました。
  ボランティア訪問というのは、訪問した学校で小学生相手に、①カナダの子供たちの名前を漢字を使って筆で書いてあげる、②日本の伝統遊戯である福笑いを一緒にやってみる、③鶴や兜を折り紙で一緒に折る、ということを行うのです。午後の授業ではその予行練習を、CPCIの先生やジム校長先生の前で行いました。日本で行った練習と比べると格段に生徒たちの声が大きくなっていたのには驚かされました。カナダに来て確実に成長を遂げているということだと思います。
  明日からの土・日の2日間はホストファミリーと過ごします。月曜日に、生徒たちからどのような話が聞けるのかとても楽しみです。

 

《長聖ニュース》

17期生 カナダからの報告③

お弁当に異国の街並み。異文化を体験しました。

中学 2013/2/22

  2月21日。CPCIの授業2日目です。全員、ホストファミリー宅から元気に登校しました。
  午前中は通常授業を受け、昼食には各ホストファミリーから渡されたお弁当を食べました。日本ではお弁当箱というのが当たり前のように使われていますが、やはりカナダではそういう考え方はあまりないようです。ほとんどの家庭がサンドウィッチで、中にはピザやタコスもありました。それに果物、多くはリンゴかバナナでした。後はクッキーやチョコレートなどのお菓子を持ってきたところも。生徒たちは日本との文化の違いに驚きを感じていましたが、それとは別にホストファミリーへの感謝の気持ちをしっかりと持っていることが、食事の様子から伺えました。
  午後からは、ダウンタウンに出かけました。「ダウンタウンラリー」です。英語で出された課題を街の中で見つけていくのです。また、途中でブリティッシュコロンビア州の州会議事堂に立ち寄るなどヴィクトリア中心部の観光地巡りの要素も織り込まれたものです。生徒たちは異国の街の雰囲気にたっぷりと浸ることができました。
  研修会場に戻った生徒たちをホストファミリーが迎えに来ていただき、それぞれ帰宅しました。ホームステイも2日目です。

 

《長聖ニュース》

17期生 カナダからの報告②

先生方と、ホストファミリーと、たくさんの笑顔に出会いました。

中学 2013/2/21

  2月20日。2日目は、出会いの日でした。
  まず、研修会場となるヴィクトリア郊外のシタデル教会に行き、これからお世話になるCPCI (Canada Pacific College International) の英語の先生方が紹介されました。どの先生も、とても明るい人柄で、生徒たちが少しでも早くリラックスをし、少しでも多く英語を口にできるように工夫された授業を展開してくださいました。午後は、さらに打ち解けるために、言葉に加えて体を使ったゲームを行い楽しい時間を過ごしました。
  夕方になると、続々とホストファミリーが会場に集まってきました。5時からの対面式で各ペアにホストファミリーが紹介されました。どのホストファミリーも笑顔で生徒を迎えてくれ、また生徒たちも英語を使って一生懸命に自己紹介やあいさつをしていました。緊張と期待の交差する中、生徒たちはホストファミリーと一緒に帰宅しました。ホームステイ初日はどんな一夜となるでしょうか。
  明日はダウンタウンラリーを予定しています。町の中に出て英語にたくさん触れてきてほしいと思います。

 

《長聖ニュース》

17期生 カナダからの報告①

中学 2013/2/21

  2月19日、無事、17期生はカナダのヴィクトリアに到着しました。出発式での岩崎教頭先生からのお話の通り、今日はとっても長い一日となりました。
  食事だけでも、中学校を出発してから、三芳パーキングエリアで学校から持っていったお弁当を食べ、飛行機に乗り込んだ後、機内で夕食・朝食を食べ、カナダに到着してからはフェリーの船内で自分たちで英語を使ってハンバーガーなどを購入して食べ、そしてヴィクトリアのホテルで夕食を食べ・・・と、出発前の朝ごはんを入れて6回も食事をとりました。バス、飛行機、フェリー、そしてまたバスを乗り継いでの大移動で、多少、疲れや寝不足が感じられる生徒もいましたが、それでも17期生の全員がその6回の食事を摂ることができたことは、何よりもうれしいことでした。
  明日からはホストファミリー宅でのホームステイが始まります。それぞれの家庭で、生きた英語を学び、異文化に触れ、そして自分を見つめなおし自国の文化を再認識するでしょう。不安と期待が膨らむなか、長い長い一日は、ヴィクトリアの時刻で夜9時にベッドに入って終わりました。

 

《長聖ニュース》

中学2年生がカナダ語学研修に出発!

中学 2013/2/19

  2月19日、いよいよ中学2年生(17期生)のカナダ語学研修が始まりました。10時からアリーナで行われた出発式では、生徒代表の花岡さんが、「この研修のために準備してきたことを生かしながら有意義な研修にしたい」と抱負を述べました。
  岩崎教頭先生から「41時間の長い一日となる今日を大切にし、安全に留意しながら人との出会いを大切にするように」と送られた17期生たちは、バスで成田国際空港に向けて出発しました。18時5分発のJAL18便で日本を離れ、8時間程度の飛行で現地時間の19日午前9時過ぎ、カナダ・バンクーバー国際空港に到着する予定です。

 

《長聖ニュース》

西脇多可新人高校駅伝 初優勝!

高校 2013/2/18

  2月17日に兵庫県西脇市において行われた第5回西脇多可新人高校駅伝において、2位の大牟田高校に1分近い差をつけて本校駅伝部が初優勝しました。
  新チームの伊那駅伝での活躍が期待されると同時に、高見澤監督のもとでの都大路初優勝、初入賞への期待が高まります。

 

《長聖ニュース》

いよいよ大学入試本番。

推薦入試で信州大(医)3名、群馬大(医)2名合格!

高校 2013/2/13

  私立大学入試は今がまっただなか、国公立大学の前期日程試験もあと10日ほどに迫り、大学入試も本番を迎えています。
  25日から始まる国公立大学の前期日程試験を前に、国立大学推薦入試の結果も判明してきました。おもなところでは、信州大学医学部医学科の県内枠に3名が、群馬大学医学部医学科に2名が、見事難関を突破し合格を勝ち取りました。なお、信大医学科の県内枠3名の合格は、長野高校・上田高校と並び、本校が最多です。
  いよいよ最後の決戦の時。この時のために切磋琢磨してきた高校3年生たちの最後の粘りにエールを送ります。

 

《長聖ニュース》

中学1年生がスキーの体験学習を行いました。

中学 2013/2/13

  2月13日、中学から車で10分の距離にある佐久スキーガーデン・パラダで中学1年生がスキーの体験学習を行いました。
  朝方まで降った10㎝ほどの新雪と青空という絶好のコンディションのもと、インストラクターの先生方の指導を受けながら、技能の向上をめざしました。午後はフリー滑走もあり、それぞれが思い思いのシュプールを描き、ウィンタースポーツを満喫しました。

 

《長聖ニュース》

スケート長聖 大活躍! インターハイ・国体で優勝!

高校 2013/2/6

  高校スケート部が今年も大活躍です。先頃行われたインターハイと国体で優勝を含めて、全国のライバルを相手に堂々の滑りを見せてくれました。
  なお、大林昌仁君は、2月22日からイタリアのコラルボで開催される 「2013世界ジュニアスピードスケート選手権大会」 に出場します。世界を相手にどのような勝負をしてくれるのか、活躍をご期待ください。

第62回全国高等学校スケート競技選手権大会
男子総合6位
500m上地 一馬君8位
5000m大林 昌仁君2位
10000m大林 昌仁君3位
2000mリレー上地君、渡辺 雄太君、島田 隆平君、大林君5位
女子総合3位
500m曽我 こなみさん2位
1000m藤森 美希さん優勝
1500m藤森 美希さん7位
2000mリレー土屋 萌さん、飯島 美幸さん、藤森さん、曽我さん3位

第68回国民体育大会冬季大会スケート競技会
男子500m上地 一馬君4位
1000m上地 一馬君8位
5000m大林 昌仁君3位
10000m大林 昌仁君優勝
2000mリレー上地君、大林君が出場2位
女子500m曽我 こなみさん7位
1000m曽我 こなみさん2位
藤森 美希さん4位
2000mリレー曽我さん、藤森さんが出場2位