長聖ニュース

2013年9月

聖華祭開催! クラスの個性が輝きました!

中学 2013/09/24

  9月21日・22日、中学で聖華祭(文化祭)が開催されました。
  各クラスごとに「美術共同制作」と「合唱」、さらに2・3年生は「創作演劇」、1年生はクラス展示と、各クラスが3つの発表に全員で取り組みました。
  美術共同制作では 『宝物』 からイメージした趣向を凝らした作品が玄関ホールを彩りました。合唱では、1・2年生の爽やかな歌声に対して、3年生が音楽性豊かな厚みのある歌声を響かせました。脚本書きから始まった創作演劇は、観る方々にメッセージが伝わるよう工夫を凝らした演出が光りました。
  この他に、弁論大会、文化系クラブや委員会の発表なども行われ、中身の濃い充実した2日間で、クラスの個性が輝いた聖華祭になりました。



《長聖ニュース》

高校でクラスマッチ 白熱の2日間

高校 2013/09/17

  9月18・19日、高校で球技クラスマッチが行われました。ソフトボール、バスケットボールなど男女各5種目で、クラスの名誉をかけて戦いました。選手の懸命のプレーと笑顔、クラスメートからの大きな声援、そして、敗者から勝者への称賛の拍手があり、白熱した充実の2日間でした。



《長聖ニュース》

男子が初優勝! 悲願の全国大会へ!!
全国高校バスケットボール選抜優勝大会県予選

高校 2013/09/17

  9月16日、バスケットボールの第44回全国高校選抜優勝大会(ウィンターカップ)県予選の男女決勝が行われ、男子バスケットボール部が悲願の全国大会の切符を獲得しました。
  決勝は7連覇を目指す東海大三と対戦。前半を7点差で折り返すと第3クォーターに逆転、第4クォーター終盤の追い上げをかわして振り切り71対67で勝利しました。
  過去、県高校総体・県高校選抜で合わせて12回決勝に進出しながら、そのたびに跳ね返されてきた全国大会出場への壁を、ようやく乗り越えました。「全国で、まず1勝」という新しい目標を胸に、12月23日から東京体育館で開かれる全国の舞台にデビューします。



《長聖ニュース》

中学校で「掃除に学ぶ会」を開催しました。

中学 2013/09/09

  9月8日の日曜日、中学校で第1回掃除に学ぶ会が開催されました。
  自動車部品販売のイエローハットの創業者でいらっしゃる鍵山秀三郎さんが、「社員の心のすさみをなくしたい」という思いから、たった一人で始めた会社のトイレ掃除。現在では全国各地に鍵山さんの生き方・考え方に学ぶ、「掃除に学ぶ会」や「便教会」が結成されるようになっています。
  今回縁あって、佐久長聖中学校で初めて「掃除に学ぶ会」を開催することになりました。9日は、生徒・保護者、教職員合わせて25名が参加し、県内各地からご来校いただいた長野便教会の先生方に、一つ一つの作業について丁寧なご指導をいただきながら、半日かけてトイレ掃除を行いました。
  参加した3年生の丸山君は、「来る前は、正直行きたくないなと思いました。でも、どうせやるのなら一生懸命にやらないと、と思って取り組みました。なかなか汚れが落ちず、終わったときには達成感がありました。今は自分が磨き上げた便器に愛着を感じています!」と笑顔で話してくれました。
  心が磨かれた一日になりました。



《長聖ニュース》

中学2年生の2人が日本語・英語の弁論で県大会へ!

中学 2013/09/09

  中学2年生の2人が、日本語と英語による弁論大会の長野県大会に出場します。
  髙見澤由実さんは、「少年の主張 長野県大会」の佐久地区審査に、『歩から金へ』の題名で応募し、第一位となる優秀賞を受賞しました。また、望月遥香さんは、「中学生英語弁論大会東信大会」で、『Be true to yourself!』のタイトルで発表し第3位を獲得しました。
  髙見澤さんは9月13日、望月さんは10月6日にそれぞれ県大会でスピーチします。堂々とした発表を期待しています。