長聖ニュース

2014年9月


中学3年生が福祉について勉強しました。

中学 2014/9/27

  9月27日、中学3年生が福祉に関わる体験学習を行いました。この日は、1組が手話、2組が点字、3組が車いす・アイマスクの体験をしながら、実際に障がいを持つ方にお話を伺いました。
  生徒たちは、様々な障がいがあることでどれだけ大変な苦労があるのかを知るとともに、積極的に障がいのある方に接していくことが大事なのだと言うことを学べたようです。
  なお、4組は奉仕活動として、中学校から第2グラウンドまでの公道のゴミ拾いを行いました。
  中学3年生はこれからローテーションでこれらの体験をすべて行っていきます。



《長聖ニュース》

聖華祭 見ごたえのある3年生の力強い発表でした!

中学 2014/9/24

  9月21日、聖華祭が終わりました。生徒たちは6月末から音楽や美術の時間に合唱の練習や共同制作を始め、朝や放課後の空いている時間は、それらに加えて創作演劇の準備も進めてきました。
  今年はどの学年も力の入った作品になりましたが、全体とすれば3年生の力強さが随所に見られた聖華祭になりました。また、ダンス同好会の発表が初めて行われ躍動感あふれるダンスにアリーナ全体が盛り上がりました。来年の聖華祭では、1・2年生が今年の3年生に負けない作品を創り上げてくれることでしょう。
  生徒たちは気持ちを切り替えて、2週間後の中間考査に向かっていきます。



《長聖ニュース》

聖華祭初日 アリーナに歌声が響き渡りました!

中学 2014/9/20

  9月20日、中学で聖華祭が開幕しました。初日のステージでは弁論大会、音楽祭、合唱部の発表と2年生の演劇発表が行われました。
  音楽祭のクラス合唱では、聖華祭に込めたクラスごとの思いが美しく迫力あるハーモニーとなってアリーナに響き渡りました。
  明日は3年生の創作演劇のほか、ダンス同好会・管弦楽部の発表が行われます。大勢の皆様のご来校をお待ちしています。



《長聖ニュース》

「少年の主張 長野県大会」で中3生が優秀賞を受賞!

中学 2014/9/18

  9月16日に筑北中学校(東筑摩郡麻績村)で行われた「少年の主張 長野県大会」に中学3年生の髙見澤由実さんが出場し、見事「優秀賞(第2位)」を受賞しました。
  髙見澤さんは昨年も県大会に出場しており、2回目の挑戦で念願の入賞を果たしました。今回の題材は2年生末に行った「カナダ語学研修」での経験です。現地のお年寄りと意思疎通ができなかった悔しさとコミュニケーション能力を高めていこうという思いを訴えました。語学研修が生徒たちの勉強の糧となっていることが改めて感じられた快挙でした。



《長聖ニュース》

聖華祭まであと1週間!

中学 2014/9/13

  中学の文化祭「聖華祭」まであと1週間と迫り、いよいよ最後の追い込みの段階になってきました。13日(土)の午前中は、聖華祭の準備にあてられ、クラス・クラブ・委員会ごとに活動しました。
  本校の文化祭の特徴は、クラス単位での「3つの発表」があることです。1年生は合唱・美術共同制作・クラス展示、2・3年生は合唱・美術共同制作・創作演劇です。時間と人をやりくりしながら、3つを並行して進めていくことは、生徒たちにとっては苦しく大きな試練ですが、これを乗り越えようとすることで個人としてもクラスとしても大きな成長が得られてきました。残り1週間で、さらに発表の質とクラスの凝集度を高めながら成長していくはずです。
  聖華祭は9月20日(土)・21日(日)に開催されます。多くの皆様のご来校を心よりお待ちしています。

聖華祭のページへ


《長聖ニュース》

中学の給食で「手巻き寿司」をいただきました!

中学 2014/9/12

  9月12日、中学で「手巻き寿司」をメインにした給食をいただきました。
  中学校では家庭科の授業の一環で、毎月1クラスずつ自分たちで給食のメニューを考える「お楽しみ献立」を実施しています。
  今回担当した3年1組では、担任の先生から「『日本人に生まれてよかった~』と感じられる献立を考えよう!」というテーマが出され、そこから「寿司」をイメージ。さらに「皆で楽しく食べたい!」ということで「手巻き寿司」に決まりました。
  さすがに給食では生ものは無理でしたが、大皿に盛られた蒸しエビ、きゅうり、厚焼き卵、シーチキン、梅ペーストなどの具を入れていただきました。生徒たちが考えたとおり、いつも以上に会話も弾み、楽しくおいしい給食になりました。



《長聖ニュース》

芸術鑑賞「ファンカッション」の演奏に盛り上がりました!

長聖 2014/9/10

  9月10日、中高合同の芸術鑑賞が小諸文化センターで行われ、午前の部で中学生と高校1年生、午後の部で高校2・3年生が、パーカッション・エンターテインメント・グループ「Funcussion(ファンカッション)」の演奏を堪能しました。
  ファンカッションとは、「ファン(楽しい)」+「パーカッション(打楽器)」の造語だそうです。ジャンルを選ばない幅広い音楽で、見せて・聞かせるパフォーマンスを展開し、テレビ番組にも出演する話題のグループですが、長野県内では初公演ということでした。
  生徒たちは、目にもとまらないハイレベルな技術と身体全体をつかった躍動感あふれるパフォーマンスと会場全体に響きわたる打楽器の迫力ある音色に圧倒されながら、楽しく笑顔で元気あふれるメンバーの皆さんに巻き込まれて「テキーラ!」の大合唱で大いに盛り上がりました。
  ファンカッションの皆さん、素敵な演奏とたくさんの笑顔と元気をありがとうございました。