長聖ニュース

2015年2月


高校剣道部 女子団体で全国大会へ

高校 2015/2/27

  高校剣道部が全国大会に出場します。
  1月に行われた長野県大会において、女子団体で5年ぶり6回目の優勝を果たしました。3月27日(金)・28日(土)に、愛知県春日井市総合体育館で開催される第24回全国高等学校剣道選抜大会に出場します。予選リーグでは草津東(滋賀)と秋田商業と対戦します。熱い応援をよろしくお願いいたします。



《長聖ニュース》

ヴィクトリアからバンクーバーへ。 中2カナダ語学研修

中学 2015/2/27

  ホストファミリーとの別れを悲しむような小雨まじりのなか、ヴィクトリアでの最後の朝を迎えました。車から降りた後も名残惜しんで話し続ける生徒、涙を流しながら感謝の気持ちの言葉を繰り返す生徒、再び訪れることを約束する生徒・・・、それぞれごとに感動的なホストファミリーとの別れの場面でした。
  ヴィクトリアのあるバンクーバー島からフェリーでバンクーバーに移動し、スタンレーパークでは、散策をしたり、クラスごとに記念撮影をしたりしました。カナダ最後の夕食は全員で中華料理をいただきました。
  この日はバンクーバー市内のホテルに宿泊した一行は、明日、帰国の途につきます。



《長聖ニュース》

修了式。ヴィクトリア最後の夜です。 中2カナダ語学研修

中学 2015/2/26

  2月25日(水)。最後の授業は「Thank you cards」作りでした。ホストファミリーに向けて感謝の気持ちを込めながら丁寧に作り上げました。

  午後5:30から修了式が行われました。「O Canada」斉唱後、校長先生の挨拶をお聞きし、そして、いよいよ修了証書授与。壇上で校長先生から手渡ししていただきました。現地の先生から一人ひとりがコメントをいただきながら名前を呼ばれると、多くの生徒がはにかんだ嬉しそうな笑顔を浮かべていました。CPCI(Canada Pacific College International)の先生方から選出された代表生徒たちのスピーチを聞きながら各生徒が研修全体を振り返りました。

  その後の合唱や特技発表にはホストファミリーから温かな大きな拍手をいただき、生徒たちも本当に感激する思いでした。また、サプライズでお世話になったCPCIの方に向けて「ふるさと」を合唱しました。とても感動していただけたようです。
  立食パーティーを終えて、ホストファミリーとともに帰宅した生徒たち。最後の夜をどのように過ごすのでしょうか。



《長聖ニュース》

マウントダグラス校との交流会です。中2カナダ語学研修

中学 2015/2/25

  マウントダグラス校を訪問しました。中学3年生から高校3年生にあたる生徒たちが通う学校で、毎年、研修中に訪問させていただき交流を深めてきました。
  グループごとに生徒会の皆さんに学校を案内していただいた後、体育館で歓迎会が開催されました。

  マウントダグラスの校長先生、生徒会長のあいさつに続いて、長聖からの生徒代表スピーチでは、堂々と笑顔で話す二人に大きな拍手が送られました。
  マウントダグラス校からの発表では、まず最初に吹奏楽部による「君が代」の演奏がありました。生徒たちはびっくりしながらも、起立して大きな声で歌いました。続いて、合唱部に日本の歌で歓迎していただきました。
  いよいよ、本校の発表です。最初に「O CANADA(カナダ国歌)」「let it go」「大地讃頌」を合唱しました。「let it go」はやはりカナダでも有名なので、一際大きな歓声があがりました。
  その後の日本舞踊の発表はカナダの生徒たちも興味津々といった感じで見入っていました。そして、合唱部の美しいハーモニーが体育館に響き渡り大きな拍手をいただきました。マウントダグラスの生徒会長に「涙が出ました。感激しました。」と言っていただき、本当に嬉しかったです。

  体育館でランチをとった後、生徒会主催のアクティビティを一緒に行い、午後は各グループごとに授業を受けました。クッキーを焼いたクラス、マシュマロと楊枝でタワーをつくったクラス、自画像を描き合ったクラス、演劇のクラス、俳句や三文詩をつくったクラス。どのクラスも現地の高校生と和気あいあいとコミュニケーションをとる姿が見られました。
  最後にマウントダグラス校の校長先生から、「本当に素晴らしい発表をありがとう。来年もまた心よりお待ちしています。」とおっしゃっていただきました。生徒たちは大きな喜びを感じながら帰路につきました。



《長聖ニュース》

中等学校をボランティア訪問しました。中2カナダ語学研修

中学 2015/2/24

  週明け、生徒たちが元気に登校してきました。週末の出来事を楽しそうに語り合う声がどの教室からも聞こえてきました。
  午前中は、今日も現地の先生方の楽しい授業に積極的に参加する様子が見られました。

  午後は「コルクイッツ・ミドルスクール(Colquitz Middle School)」をボランティア訪問し日本の文化を紹介しました。“漢字”・“折り紙”・“福笑い”のチームに分かれ、日本の小学校5年生に該当するクラスの子どもたちと一緒に楽しみました。最初ははにかんで話しかけられずにいた生徒たちも、慣れてくると自分から子どもたちを迎えにいき、日本で練習してきたことを生かして話しかけ、コミュニケーションをとることができました。コルクイッツ・ミドルスクールの校長先生からは「子ども達が楽しそうで本当によかった。来年もぜひおいでください。」とおっしゃっていただきました。
  明日はいよいよ研修のメインイベントとなるマウントダグラス校の訪問です。



《長聖ニュース》

ホストファミリーとの週末を楽しんだようです。中2カナダ語学研修

中学 2015/2/23

  週末は天気に恵まれた2日間でした。土曜日は2月にしては珍しく15℃まで気温が上がりました。生徒たちはそれぞれのホストファミリーと充実した時間を共有できたようです。ダウンタウンでもホストと楽しく過ごしている生徒たちを見かけました。月曜日、登校した生徒たちからどんな話を聞くことができるのか、とても楽しみです。



《長聖ニュース》

シニアホームを訪問しました。中2カナダ語学研修

中学 2015/2/21

  研修4日目(カナダ時間20日 金曜日)です。午前の授業では自分たちで創造した動物について英語で発表しました。先生方からの「big voice」の声援に明るく元気に応えていました。
  お昼の前に、研修会場の向かい側にあるシニアホームを訪問しました。合唱と個人の特技発表を披露して、大きな拍手をいただきました。カナダのスタッフにも「すばらしい演奏ですね。」とほめていただき、練習の成果を発揮することができました。
  発表後、折り紙で作ったコマを一人一人が手にし、ホームの方々にプレゼントしながら語りかけました。緊張しながらも、膝をつき目線を合わせて一生懸命話す様子に心温まる思いがしました。
  偶然101歳の誕生日を迎えた方がいらっしゃり、皆で「ハッピーバースデイ」を大合唱し、喜んでいただきました。
  明日から2日間の週末は、それぞれのホストファミリーと終日過ごします。



《長聖ニュース》

ヴィクトリアの街並みを楽しみました。中2カナダ語学研修

中学 2015/2/20

  ホームステイ最初の夜を過ごした生徒たちが、元気に笑顔で登校してきました。午前中の授業を終えてホストマザーが用意してくださった昼食をいただきました。カナダは多文化の国のため家庭による違いがあり、また慣れ親しんだ日本との違いもあり、興味津々の昼食でした。それを理解しておいしそうにほおばる生徒たちの姿は、とても微笑ましいものでした。
  午後は研修会場を出てダウンタウンラリーに出かけました。先生方からの質問に答えながら、ブリティッシュ・コロンビア州の州都ヴィクトリアのダウンタウンをグループごとにまわるものです。あいにくの小雨模様ではありましたが、先生方と楽しそうに会話しながら散策する生徒たちの様子が印象的でした。



《長聖ニュース》

中学3年生の京都国内研修が無事終了しました。

中学 2015/2/20

  中学3年生の京都国内研修の3日目は、最後の見学地清水寺を訪れました。仁王門前でクラス写真を撮り、舞台からの京都の景色を楽しみました。音羽の滝で願い事をしながら水をいただいた生徒も...。
  仲間とのたくさんの思い出をおみやげにして、生徒たちは京都をあとにしました。



《長聖ニュース》

ホームステイが始まりました。 中2カナダ語学研修

中学 2015/2/20

  中学2年生のカナダでの2日目。いよいよ本格的な研修での活動が始まりました。
  研修会場に着いた生徒たちは、授業を担当していただく先生たちと対面しました。今日の授業では、各グループごとに身体を使った様々なレクリエーションをして楽しむ「アイスブレイキングゲーム」を行い、生徒たちの緊張もすぐにほぐれました。
  そして夕方、これからホームステイでお世話になるホストファミリーが生徒たちを迎えにやって来ました。早めに来ていただいたホストに生徒たちから感謝の気持ちをカナダ国歌を歌って表しました。ホストファミリーが来るまでは不安と緊張の表情の生徒たちでしたが、自分の家族と対面するとやっぱり嬉しそうです。笑顔でそれぞれの家に向かいました。



《長聖ニュース》

中学3年生 京都で中学まとめの国内研修です。

中学 2015/2/19

  中学3年生が中学まとめの研修を行っています。
  4月から高校に進級する中学3年生が、昨日18日から2泊3日の予定で京都に滞在しています。昨日は京都への移動の途中雪が激しく降る場面もありましたが、予定通り午後2時に最初の見学場所の京都大学に到着しました。その広さに圧倒された生徒たち、大学とはどういう場所なのかを考えるきっかけにしてほしいと思います。二条城では、大坂の陣や大政奉還の舞台となった歴史に思いを巡らせました。
  今日は研修のメインイベントの班別研修です。班ごとに作成した計画に従って京都についての見聞を広めました。夕方、研修を終えた生徒たちが全員無事にホテルに帰着しました。疲れた表情もありましたが多くは笑顔があふれ、充実した一日だったことがうかがわれました。
  そして夕食前には「河村能舞台」に出かけ能楽の学習をさせていただきました。能に関する基礎知識から舞台で使用される笛や小鼓、大鼓の説明を伺ったあと、生徒たちがひのき舞台に上がり、鼓のたたき方や能の動作の体験をしました。最後は「屋島」の最後の場面の鑑賞で締めくくりました。主宰する河村純子先生の語り口や迫力ある楽器の音や演技に、疲れているはずの生徒たちも自然に引き込まれ、最後は大きな感謝の拍手でした。
  最終日の明日は清水寺を参拝し帰路につきます。



《長聖ニュース》

中学2年生 無事カナダに到着しました。

中学 2015/2/18

  中学2年生のカナダ語学研修が始まりました。
  17日に学校を出発した2年生たち。初日はカナダとの時差の関係で41時間もある長い一日となりましたが、体調不良の生徒もなく元気にこの日を終えました。
  今年のビクトリアは暖かで、例年より3週間ほど早く桜や梅の花が咲いているということです。
  初日はホテルで宿泊し、明日から授業とホームステイが始まります。天候に恵まれて、よい研修になりそうです。



《長聖ニュース》

中学1年生が英語検定協会から文部科学大臣賞で表彰されます!

中学 2015/2/14

  中学1年生の押金こよみさんが、実用英語技能検定を受験し優秀な成績を収めた人を対象とした表彰制度で、文部科学大臣賞を受賞することになりました。
  平成26年度に日本英語検定協会が3回実施した英語検定の受験者は234万人。第2回英語検定で3級に挑戦した押金さんは、その成績が特に優秀と認められて今回の表彰になりました。
  押金さんのクラス担任の岩下智昭教諭は「常に謙虚な気持ちで励み続け、向上心に溢れる押金こよみさん。その姿に多くの仲間が憧れ、良い影響を与えています。これからもこよみさんの魅力を磨き続け、発揮していきましょう! この度の受賞! 本当におめでとうございます。」とこれからの押金さんに期待を寄せていました。



《長聖ニュース》

中学3年生がスキー・スノーボードを楽しみました。

中学 2015/2/8

  2月5日、学年末考査を終えた中学3年生が佐久スキーガーデン「パラダ」で、スキー・スノーボードを楽しみました。
  天候にも恵まれて、インストラクターの方々からの指導を受けてレベルもアップし、楽しい1日を過ごしました。
  3年生はこのあと3月まで、京都国内研修(2泊3日)、長聖高校での授業体験(3日間)、そして、中学校課程の修了式と、大切な行事が続きます。中学のまとめと高校への準備をすすめて4月の進級を迎えます。



《長聖ニュース》

中日管楽器個人・重奏コンテスト県大会に参加しました。

高校 2015/2/7

  吹奏楽部が1月30日(金)・31日(土)に松本市キッセイ文化ホールで行われた中部日本管楽器個人・重奏コンテスト県大会に出場しました。
  個人(ソロ)の部で、ソプラノサックスの髙野志穂さんとフルートの柄澤歩実さんが、重奏(アンサンブル)の部には木管3重奏とクラリネット4重奏が参加しました。
  髙野さんは金賞、柄澤さんと木管3重奏・クラリネット4重奏が銀賞の結果でした。気持ちを込めて全力で演奏ができました。



《長聖ニュース》

中学3年生がジュニア数学オリンピック本戦へ!

中学 2015/2/3

  中学3年生の清水太陽君が日本ジュニア数学オリンピック(JJMO)で予選を突破し、2月11日に早稲田大学で行われる本戦出場を決めました。東大医進コースの授業を担当している宮澤祐司教諭は「普段から意欲的に数学の勉強に取り組んでいる生徒です。本戦では金賞をめざして頑張ってほしいです。」とエールを送りました。



《長聖ニュース》

吹奏楽部が出前演奏会を行いました。

長聖 2015/2/2

  2月1日(日)、佐久穂町の崎田区公民館で中学・高等学校吹奏楽部27名が出前演奏会を行いました。縁あって4年前より行っており、区民の方にも楽しみにしていただいているイベントです。
  「Let It Go~ありのままで~」に始まり、「津軽海峡冬景色」、「水戸黄門のテーマ」など10曲を演奏し、最後は「川の流れのように」を区民の皆さんにも歌っていただき交流を深めました。