長聖ニュース

2016年12月


合唱部と管弦楽部が定期演奏会を開催しました。

長聖 2016/12/27

  12月23日(金)、佐久平駅に隣接する佐久平交流センターで、合唱部が第5回、管弦楽部が第17回を迎えた定期演奏会を開催しました。両部活ともに中高合同で活動をしていますが、キャンパスが離れているため、高校生が加わるのは週3回の練習のうち週1回のみです。
  合唱部は、「Sing」「サウンド・オブ・ミュージック」「烏かねもん勘三郎」など、管弦楽部は、ヴィヴァルディの「四季」から《秋》《冬》全楽章、「おもちゃの交響曲」、管楽器のアンサンブルなどを演奏しました。
  クリスマスにちなんだ曲では、合唱部と管弦楽部のコラボで会場の皆さんと「サンタが街にやってくる」を歌うなど、楽しんでいただけるステージとなり、また、アンコールの「ラデツキー行進曲」では、会場から手拍子が起こるなど、演奏者とお客さんが一体となった演奏会となりました。



《長聖ニュース》

2学期終業式が行われました。

長聖 2016/12/27

  12月22日、高校では終業式に先立ち、新生徒会長・副会長の任命式を行いました。新生徒会長の望月遥香さん(2年1組)は挨拶の中で、「今年つくりあげる生徒会は歴代の生徒会とは一味違うものになります。積極的に参加してください」と呼びかけ、佐藤康校長からは「引き継ぐ部分と新しくつくる部分があります。新生徒会三役が引っ張ってくれるよう、頑張って下さい」と激励の言葉をいただきました。自治や任務の実効性の向上を目指して生徒会則が改正された中、新生徒会がスタートを切りました。
  終業式で佐藤校長は「自らのやりたいと思う分野に向けて努力をしよう。みなさんが社会を担う時には『国際化』という言葉もなくなっているほど、国際交流が盛んかもしれない。その時にリーダーシップを取れる人間になれるよう、素晴らしい人生を送れるよう、意欲をもって取り組んでほしい。休み中は学校でできないことに取り組む時間も大切です」と語られました。
  2016年も終わりに近づいています。生徒・保護者の皆様、どうぞよいお年をお迎えください。



《長聖ニュース》

全国高校駅伝で準優勝!

高校 2016/12/25

  12月25日(日)、第67回全国高校駅伝大会が京都で行われ、19年連続で挑んだ本校駅伝部は2時間3分16秒の好タイムで準優勝を果たしました。
  1区名取君が猛烈なラストスパートで区間賞の走りを見せると、2区の1年生松崎君も区間1位の力走。外国人留学生が走る3区でも、中谷君が3区での日本人選手歴代トップのタイムで4区へつなぎました。4区本間君で2位に後退したものの、5区内田君は区間賞、6区相馬君は区間2位、アンカーの丸山君も区間3位と実力通りの走りを見せ、堂々の2位でゴールしました。
  駅伝部の今年の目標は全国3位以内。優勝にはあと一歩及びませんでしたが、駅伝部員の総合力で目標を見事に達成する力走でした。全国からのご声援ありがとうございました。


【第67回全国高校駅伝県大会】
2時間3分16秒準優勝
区間通過順位選手記録区間順位
1区(10㌔)1位名取燎太君(3年)29分22秒1位
2区(3㌔)1位松崎咲人君(1年)8分06秒1位
3区(8.1075㌔)1位中谷雄飛君(2年)23分28秒3位
4区(8.0875㌔)2位本間敬大君(2年)24分07秒12位
5区(3㌔)2位内田光君(3年)8分44秒1位
6区(5㌔)2位相馬崇史君(3年)14分51秒2位
7区(5㌔)2位丸山幸輝君(2年)14分38秒3位


《長聖ニュース》

高校で壮行会を行いました。

高校 2016/12/22

  12月14日、全国大会に向かう駅伝部と将棋部の壮行会を行いました。
  選手紹介に続けて、県優勝を果たし、全国高等学校文化連盟新人大会に出場する将棋部の高見澤由実さん(2年3組)が、「昨年の悔しさをばねに全国出場を果たせました。全国でも自分の将棋を指したいです」と、笑顔で抱負を述べました。また、19年連続で全国高校駅伝大会(都大路)に出場する駅伝部を代表して、主将の相馬崇史君(3年5組)は、「チームの結束力を大切に、3位以内の入賞を目指し頑張ってきます!」と、きりりとした表情で挨拶をしました。その後、新生徒会長の望月さんから、「全校の期待と名を背負って、共に頑張りましょう!」と激励の言葉がありました。
  最後に全校生徒が大きな声でエールを送り、これから本格的に大学受験に向かう3年生も大いに勇気づけられる壮行会になりました。
  このほかにもスケート部は、県総体で上位に入り、全員が1月19日から栃木県日光市で行われるインターハイへの出場を決めています。甲信越ブロックでの活躍も目覚ましいゴルフ部は、12月22日からの関東高校選手権大会で全国をかけて戦います。
  明日23日から中・高ともに冬期休業に入りますが、都大路の高校駅伝が12月25日。卒業生が活躍する実業団のニューイヤー駅伝が1月1日で、箱根駅伝が1月2日・3日です。年末年始も、本校生・卒業生の活躍から目が離せません!



《長聖ニュース》

女子プロゴルフ 髙橋恵さん プロ初優勝!

長聖 2016/12/16

  髙橋恵さん(平成26年度卒業生・ゴルフ部)がLPGA主催のLPGA新人戦 加賀電子カップでプロ初優勝を果たしました! 詳しくは、一般社団法人・日本女子プロゴルフ協会ホームページhttp://www.lpga.or.jp/news/info/20324に掲載されています。是非ご覧下さい。



《長聖ニュース》

台湾の高校生との交流会を行いました。

高校 2016/12/16

  12月12日、高校で台湾・訪日教育旅行団との交流会を行いました。台北市の国立師範大学附属高級中学校の皆さん(高校1・2年生67名ほか)が長野県を訪れるのに合わせて企画されたものです。歓迎セレモニーでは、前生徒会長の小口翼君が堂々たる英語で挨拶を述べて盛り上がりました。また、吹奏楽部が演奏を披露しましたが、最初、密かに用意した楽譜で国歌を演奏したのはサプライズで、とても感動していただきました。前副会長の湯本沙季さんの英語での進行やメッセージも本格的でした。
  4限には、5~6名ずつのグループに分かれて、本校1年生有志が校内や授業を案内しながら、英語を使ったり紙に漢字を書いたりして会話を楽しんでいました。昼食会場には50名以上の本校生が来て、英語を交え、旅行団の方々と笑顔で交流する姿が見られました。
  昼食後のスポーツ交流では、格技館で柔道部・剣道部、聖緑館でゴルフ部の生徒が、説明をしたり、試技を披露したり、ささやかな実技を体験してもらったりしました。
  佐久長聖高校の多様性を遺憾なく発揮した交流会でした。いろいろなかたちで参加した生徒たちにも、英語を話す場と、わくわくドキドキを与えてくれる良い機会になりました。



《長聖ニュース》

高校男子バスケットボール 県新人大会で準優勝

高校 2016/12/9

  12月2日~4日に長野県高校新人体育大会バスケットボール競技が行われました。東信大会を優勝して臨んだ県大会で、チーム一丸となって戦い、準優勝をすることができました。
  この結果、1月4日(水)から6日(金)に行われる「モルテンカップ」(於 松本市総合体育館)、1月27日(金)から29日(日)に実施される「北信越新人大会」(於 長野市 ホワイトリンク他)への出場を決めることができました。
  応援してくださった皆様には御礼を申し上げます。さらに上を目指して、日々精進していきたいと思います。

準優勝までの戦績
決 勝50-67東海大諏訪
準決勝64-63長野吉田
準々決勝78-60松本第一
2回戦112-60 伊那北
1回戦145-29 大町岳陽


《長聖ニュース》

1年2組が和紙のはがき作りを体験しました。

中学 2016/12/9

  期末考査2日目の午後、2組は「信州 立岩和紙の里」で、和紙のはがき作りを体験しました。テストのプレッシャーから解放され、しかも真っ青な空の下、考査結果はさておき、しばし勉強のことを忘れることが出来ました。
  スタッフの方から「今、こうぞ100%の和紙は貴重です。しかもとても丈夫なので1300年前の和紙が正倉院に保管されています」とお話を伺い、「一般に出回っている和紙とは違う、もっと本格的な和紙を作るんだ!」という、嬉しさとも気合いとも言える雰囲気が2組全体を包み込んだように見えました。
  和紙のすき方を教えていただき、いよいよ作業です。こうぞの繊維が溶け込んだ液を自分の型枠に流し込んで前後左右に動かします。1回毎に和紙は厚くなり、4回繰り返せば色つけです。みるみる自由で個性あふれる様々なはがきが生まれ始めました。あっという間に時間は過ぎ、終了ギリギリまで必死の作業を続けましたが、中には時間切れの人もいたかも知れません。
  「こんなに集中している姿は、(考査前はもちろん…)初めて見たような気がします…」なんて言う話もありましたが、2組の生徒は、どうものめり込みやすいタイプが多いようです。これから生徒たちがどんな事にのめり込んでいくのか、期待したくなる姿でした。乾燥後、届けていただく作品の到着が楽しみです。