佐久長聖のご案内

ご挨拶

佐久長聖がめざすもの

学校概要

学校紹介ビデオ

佐久長聖ニュース

交通アクセス

お知らせ

佐久長聖への転入学

Web出願のご案内

佐久長聖ニュース

2018年10月

中学1年生が稲刈りを体験しました。

中学 2018/10/16

  10月15日、中学1年生が学校田で稲刈りと脱穀を体験しました。6月2日に田植えをした古代米の紫米。今年の猛暑のせいか、実は少し小粒ですが、今年もたくさんのお米を実らせました。
  生徒たちは、鎌を使って紫米を刈り取り、足踏み式の農具で脱穀し、機械による脱穀を補助し、また米や農具に関する「修了試験」を行いました。それぞれの活動で最初に先生たちからの説明を聞いたあと、生徒たちは手際よく作業していきました。
  ただし、足踏み式の脱穀機は初めて体験する生徒も多く、逆回転になってしまったり、力強く回らなかったり、当時の「最新式」の農具の扱いに悪戦苦闘する生徒もいました。
  2週間後はお餅つきをして収穫のお祝いをします。



《長聖ニュース》

LAで映画試写会に招待されました。

高校 2018/10/16

  10月10日、マーセッドカレッジへの短期留学奨学生3名が、ロサンゼルスで刺激的な機会を手にしました。
  今回の留学のサポートをしていただいている、Y.E.S.インターナショナル代表取締役の山内周司さんのお力添えにより、空手会伝説の重鎮・大山泰彦最高師範が手掛けた映画「Take a Chance」の試写会にご招待いただきました。空手の内弟子制度を描いた映画で、アクション俳優の千葉真一さんの息子・新田真剣佑さんが主演し、千葉さん自身も出演している作品です。活気ある試写会の中、佐久長聖高校の3名も制服姿でレッドカーペットを堂々と歩きました。
  単なる語学研修やホームステイプログラムではなく、実際の大学での授業の体験受講や課外研修などに挑戦している彼らにとって、この映画は自分たち自身のチャレンジと通じるものがあったと思います。
  だれもが手にできるものではない経験をする機会を自分たちは得ているのだ、ということを感じながら彼らの挑戦はまだ続きます。



《長聖ニュース》

マーセッド大学での1カ月の語学研修開始

高校 2018/10/10

  昨年度からマーセッド大学と佐久長聖高校との提携が実現し、早くも佐久長聖高校との2つ目となるプログラムが実施されています。
  佐久長聖高校から、3年生1名・2年生2名の生徒が、マーセッド大学より給付奨学金を受け、10月4日より1カ月間の語学研修プログラムに参加。3名はカリフォルニア州マーセッド市に無事到着し、週末は各ホストファミリー先で家族との時間を過ごしました。今週からは、いよいよ語学研修やマーセッド大学での授業聴講、老人ホームでの課外活動等が行われています。高校生にとって目まぐるしく、過酷なスケジュールではありますが、この日程を乗り越えた彼らが何を感じ、何を学び、今後の人生に活かしていくのか。1カ月後の彼らの姿に期待が高まります。



《長聖ニュース》

長聖吹奏楽部、マーチング発表会に出演!

長聖 2018/10/10

  10月6日、佐久市総合体育館にて、FM佐久平主催「第6回佐久平マーチング発表会」が行われ、長聖吹奏楽部も参加いたしました。
  東海大会出場校である、浅間中、臼田中、長聖をはじめ、先日のマーチングコンテストで素晴らしい演奏をした、塩田中、軽井沢中、丸子北中、上田西高校が出演し、互いの演奏演技を披露しました。
  FM佐久平と佐久ケーブルテレビで中継もされ、独特の緊張感の中、大会前のとても刺激的で有意義な時間を過ごすことができました。



《長聖ニュース》

芸術鑑賞が開催されました。

長聖 2018/10/4

  10月3日、佐久市コスモホールで中学・高校の芸術鑑賞が行われました。チェロ奏者として演奏・制作活動を国内外の第一線で展開している古川展生さん、元関取で相撲甚句のほかポップスやオペラなど様々なジャンルでの活動をしているボーカルの大至さん、多様なアーティストの音楽制作にも関わる作曲家・編曲家でピアニストの塩入俊哉さん、北海道十勝を拠点として音楽普及活動に携わっている小諸高校音楽科卒業のバイオリニスト和光憂人さんの4人の演奏家による音楽を鑑賞しました。
  単独で聴くことの少ない楽器とボーカルの組み合わせでしたが、耳馴染みのある曲目の演奏もあり、生徒たちは音楽の世界にすっと入っていくことができました。特に、塩入さんが朝来校されてから20分ほどでアレンジしてくださった本校の校歌の演奏には興味深く聴き入っていました。心豊かになれた一日でした。



《長聖ニュース》

吹奏楽部、マーチングコンテスト東海大会へ!

長聖 2018/10/3

  9月30日、佐久市総合体育館で長野県マーチングコンテストが開催されました。長聖吹奏楽部はパレードコンテスト部門に出場し、金賞を受賞、県代表として、10月13日に岐阜県で開催される東海マーチングコンテストに出場することになりました。
  高校3年生が抜け、高校2年生と1年生、中学1年生の31名で新しい組織を作り、試行錯誤しながらの練習でしたが、一昨年からの先輩たちが積み上げてきたもの、そして、今の部員たちの粘り強くしてきた努力がここに結果として表れました。
  東海大会ではさらに進化した「長聖サウンド」を響かせてくれるでしょう。