クラブ活動

柔道部

2年連続インターハイ出場 新たな伝統を築く

  平成24年、男子団体で38年ぶりに長野県高校総体で優勝を果たし全国高校総体(インターハイ)に出場しました。平成25年も連覇し、26年にはインターハイ個人戦で3位入賞し、新たな伝統を築いていきます。

おもな成績

【平成26年度のおもな成績】
全国高校総合体育大会男子個人90㎏級3位
女子個人出場
長野県高校総合体育大会男子団体準優勝、女子団体準優勝
男子個人1人優勝・5人入賞、女子個人1人優勝・3人入賞
【平成25年度のおもな成績】
全国高校総合体育大会男子団体出場
長野県高校総合体育大会男子団体優勝、女子団体3位
男子個人2人優勝・5人入賞、女子個人4人入賞
【平成24年度のおもな成績】
全国高校総合体育大会男子団体出場
北信越高校総合体育大会男子団体準優勝、個人1人入賞
女子団体出場
長野県高校総合体育大会男子団体優勝、女子団体3位
男子個人2人優勝・3人入賞、女子個人3人入賞

おもな進路先

信州大学、埼玉大学、同志社大学、駒澤大学、東京農業大学、高崎健康福祉大学、国士舘大学、山梨学院大学、武蔵野美術大学、松本大学、関東柔道整復師専門、長野救急医療専門など

顧問からひと言

チームワークの大切さ柔道部顧問 青木 和仁 ・ 太田 泉
  今年度の柔道部は長野県完全制覇を目標に、日々厳しい稽古に励んでいます。遠方への合宿や、早朝から夜遅くまでの練習は、ドキュメンタリー映画ができるほど過酷なものです。そのおかげもあり、近年では長野県内はもとより、北信越でも強豪校に数えられるようになりました。3年前に38年ぶりの県大会制覇を皮切りに県大会を2連覇し、北信越でも毎年入賞を果たしています。昨年は惜しくも男女アベックで2位という悔しい結果に終わりましたが、個人戦において男子90㎏以下級で鷹野仁君がインターハイ3位に入賞し、女子63㎏以下級で伊東佑理さんがベスト16まで進みました。この結果も応援してくださっている皆様のおかげです。
  長聖高校柔道部は何よりチームワークを大切にしています。学年関係なく思い切り練習のできる環境作りや、助け合いの精神を養っています。生徒がそれを理解して行動してくれているので、柔道で大切な「相手への思いやり」を持って生活してくれています。
  今年度は王座奪還・男女アベック優勝を目指して頑張りますので、今後ともご支援ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
平成27年5月