先輩からのメッセージ

合格体験記 夢をかなえる喜びを味わおう!

一人ひとりの努力の成果が、県内屈指の進学実績につながり、卒業生は各方面で活躍しています。




平成27年度 大学入学

慶應義塾大学 文学部人文学科 入学

黒柳 歩羽さん
みずき中学校出身

  私は塾には通わず、学校の授業と自習のみでした。予習をするほどの余裕はなかったため、復習にかなりの時間をかけ、分からないところは、なるべく自分で考えるよう心がけていました。勉強する生活が続いていく中で、私にとって一番大切だったのは、人との関わりでした。気分転換にほんの少し会話をする友人も、添削に付き合いアドバイスをくれる先生方も、最後まで精神的な支えになりました。私の合格はひとりでは不可能でした。本当に、伝えきれないほどの感謝の思いがあります。

大阪大学 理学部化学科 入学

新井 築さん
佐久東中学校出身

  私の勉強方法は、疑問点を残さないようにするという単純なものでしたが、その結果、学問を身近に感じられるようになり、入試でも役立ちました。こうしたやり方ができたのには私の質問に真摯に向きあってくださった先生方の存在が大きいです。また、それぞれの分野で努力する仲間の姿も励みになりました。皆さんもぜひ自分に合った勉強方法を見つけてください。

北海道大学 総合理系 入学

竹鼻 大貴さん
戸倉上山田中学校出身

  私は3年間を寮で過ごしました。寮には学習に集中できる環境があり、友人と励まし合いながら目標に向かって努力することができました。また先生方も親身に指導してくださいました。私が合格することができたのも佐久長聖の素晴らしい環境、良き友人、先生に恵まれたからだと思います。本当にありがとうございました。

山梨大学 医学部看護学科 入学

赤塚 さくらさん
明善中学校出身

  私はⅡ類から国立大学に合格することができました。2年生の2学期、記念館を訪れたことをきっかけに勉強に励むようになり、3学期から本格的に受験勉強を始めました。数学、化学、生物は問題集を初めから何度も解き直し、ノートを見ながら幅広く復習しました。苦手な英語は、センターの過去問題集を購入し、1日1題時間を決めて長文を読み、分からない単語を全て書き出しました。朝、昼休み、放課後、休日と空いている時間全てを勉強に費やしました。ここまで頑張ることができたのは、記念館や寮で遅くまで勉強する友達に刺激を受けたり、成績が伸びず悩んでいた時に支えてくださった先生方や両親の存在があったからです。志望校に合格して思ったことは、Ⅱ類でもⅠ類でも自分の強い意志があれば努力は必ず報われるということです。佐久長聖に入学し、寮生活を経験し、恵まれた環境の中で勉学に励むことができ、心から良かったと思います。ありがとうございました。




平成26年度 大学入学

東京大学 文科三類 入学

土屋 浩太郎さん
御代田中学校出身(御代田町)
慶應義塾大学 法学部
明治大学 政治経済学部

  1年生の時、教頭先生が「先生が言ったこと全部覚えていれば、誰でも東大に入れる」とおっしゃいました。まさしくその通り。佐久長聖の授業はどれも完璧です。先生方は何十年も受験指導をし生徒を第一に考えてくれるので、素直にアドバイスを聞くといいと思います。自律的に勉強できる生徒ではなかった僕でもしっかり面倒見てくださいました。合格できたのは先生、友人、家族のおかげだと思います。本当にありがとうございました。



筑波大学 医学群看護学類 入学

中島 優さん
佐久中学校出身(佐久穂町)

  私は入学時にはⅡ類に入りましたが、自分の目標が明らかになった2年時にⅠ類へ転類しました。私の勉強法は授業と課題をしっかりとこなし、先生方の助言を忠実に行うことでした。センター試験は厳しい結果でしたが志望校を下げなかったのは、明確な夢と努力をしてきた自信があったから。佐久長聖には夢を叶えようと努力する人がたくさんいます。それを後押しする先生方がいます。夢がある人は強い。皆さんも頑張ってください。



横浜国立大学 教育人間科学部 入学

溝口 哲朗さん
丸子北中学校出身(上田市)
立命館大学 経営学部

  僕がきちんと受験勉強を始めたのは、3年生になってからでした。夏休み前、一つの目標に向かって本気で努力している人を見て、「自分もこうなりたい」と強く思ったことで勉強するきっかけをつかみました。僕は自分の将来が決まってしまうのが怖く、なかなか志望校を決められませんでした。皆さんは怖くても決定する勇気を持ってください。目標だった国立大学には合格できましたが、満足できる努力を積み重ねられなかったことを反省しています。



信州大学 教育学部 入学

大澤 真歩さん
塩田中学校出身(上田市)
文教大学 人間科学部
東京電機大学 理工学部

  私は3年間、塾に通わず、学校の授業と家や学校での自習に力を入れました。学校がある日は始発で登校し、最終下校まで学校にいることがほとんど。休みの日も記念館や家の近くの図書館を利用しました。私が入試を乗り越えることができたのは、学校の授業に集中することはもちろん、学校から配られた問題集や課題を何度も繰り返したことのおかげだと思います。それが自信につながりました。私は先生に添削をお願いしていましたが、勉強面だけでなく、精神面でも支えてもらいとても感謝しています。




平成25年度 大学入学

筑波大学 情報学部 知識情報・図書館学科 入学

湯本 寛深さん
小諸東中学校出身(小諸市)

  初めての進路希望調査で、私は図書館情報学という学問があることを知り、興味を持ちました。実際にこの学問を学ぶことができる大学のオープンキャンパスに参加したことで、本格的に進路を考えるようになりました。
  2年次に行われたセンター後追い試験では、目標との差と残された時間に大きな不安を覚え、この頃から志望校の2次試験対策として先生方に記述・論述の個別指導をお願いするなど、それまでのテストに向けた学習に代わって受験に向けた学習を心がけました。
  しかし、なかなか結果として現れることはなく、度重なる模試では成績が上がるどころか下がり続けた時期もありました。
  そうした時に励みになったのが、同じ授業を受けてきたクラスメートの姿です。高い目標に\向けてコツコツと努力する姿。毎日遅くまで学校に残って学習する姿。先生に質問があるからと友人の誘いを断る姿。受験への不安で涙を流す姿…。こうした本気で将来を考える姿にとても勇気づけられていました。
  振り返ると、多くの方々の存在が合格の大きな支えであったことを感じます。そうした方々に改めて感謝します。ありがとうございました。



東北大学 文学部 入学

出口 武志さん
東御東部中学校出身(東御市)

  私は中学生の頃まではあまり勉強を重視しておらず、進学したいと強く思う大学もありませんでした。しかし高校に入学し、目標の大学を設定して部活動に力を入れる人や、勉強に専念している人達を見て、自分の将来展望の曖昧さに危機感を覚えるとともに、旧帝国大学と呼ばれるレベルの高い大学に入って、いろいろなことを学びたいという強い憧れを抱くようになりました。
  1、2年生の時は部活動で忙しく、その時々の考査に向けた対策程度しかできませんでした。3年生になり本格的に受験勉強を始めると、間に合わせとしか思えなかった考査対策や日々の授業の積み重ねが、基礎として定着していることに気付きました。そういった基礎のおかけで、合格に達するまでの力を1年間でつけることができたと思います。
  部活動をやっていた頃も、多くの方に応援していただいていると感じていましたが、受験勉強を始めてからもたくさんの方々に心配していただいたり、応援していただきました。最後の最後まで熱心に指導していただくことができ、とてもありがたかったです。



北海道大学 総合入試理系(物理重点)入学

山本 翼さん
軽井沢中学校出身(軽井沢町)

  僕が3年間、佐久長聖に通って実感したことは、復習と演習の大切さです。もちろん予習も大切ですが、僕は特に復習と演習に重点をおいて学習しました。まず授業で理解できなかった部分をその日の内に先生や友人に質問して理解し、帰宅して授業の復習や習った範囲の問題演習、知識の記憶などをしました。これを毎日、作業のように繰り返すことで基礎力がつき、入試問題のような難しい問題にも対応できるようになったと思います。
  また、佐久長聖には共に頑張る仲間たちが大勢いたことも、僕にとって大きかったと思います。頑張り屋とはとても言えないような僕が最後まで努力できたのは、2次試験直前まで頑張り続ける友人たちがいたからです。僕が志望校に合格できたことは、そんな佐久長聖の環境と先生方のご指導による所が大きいと感じています。



《先輩からのメッセージ》

母校で教鞭を執る卒業生

山口 沙知先生(理科)

  佐久長聖高校で過ごした3年間。ここで青春時代を過ごしたお陰で私の人生は変わりました。
  佐久長聖高校は土曜日も授業があります。更に、長期休業中は補習があります。また、日曜日も学校が開いているので、学習室を利用しての勉強ができます。このように勉強に専念できる恵まれた環境での3年間のお陰で、今日の私があるのだと感謝しています。
  目標のある勉強になるようにと、担任の先生との面談や進路講話など、自分の進路について1年生の早い段階から深く考える機会が多く設けられています。中学時代は、ただ漠然と「大学に進学したい」と考えていただけの私が、佐久長聖高校で過ごすうちに「本当に自分のやりたいことは何か?」としっかりと自分を見つめることができるようになりました。「教師になる」という目標を見つけてからは、それまで以上に充実した高校生活を送ることができたように思います。
  夢を叶え、母校に戻って教鞭を執らせていただいている今、私が先生方にしていただいたように、進路に迷い、悩んでいる生徒の皆さんの夢の後押しができるように、精一杯頑張っていきたいと思っています。



《先輩からのメッセージ》

OBからのメッセージ

フィジシャンサイエンティストとして

柏木 哲さん
佐久高校・昭和62年卒
小諸東中出身・小諸市
Principal Investigator,Vaccine and Immunotherapy Center
研究室の研究員と(中央)マサチューセッツ総合病院/ハーハード大学医学部

研究室の運営に忙しい毎日

  私が高校を卒業したのはもう30年近く昔のことになります。当時は佐久高校といって、まだ「長聖」がつかない頃でした。私が卒業した頃、同世代の人口は200万人を超え、受験戦争もエスカレートしていました。医師過剰時代の到来を予測し医学部の定員が現在より少なく抑えられていたため、医学部進学は特に競争が激しかったと記憶しております。
  私たちのクラス担任に受験指導で定評のあった宮嶋利男先生がなられ、「高校3年になって勉強したのでは遅い」とよくはっぱをかけられたものでした。おかげさまで、基礎医学の研究者を志向していた私は慶應義塾大学、東北大学の医学部に合格。医学界で重要とされる同窓会の強さや研究レベルなどを考慮し、慶應義塾に進学しました。
  大学卒業後、産婦人科医として研修医、専修医を終え、慶應義塾大学大学院医学研究科で基礎医学研究に従事し博士号を取得。今から12年程前に渡米し、ボストンのマサチューセッツ総合病院/ハーバード大学医学部で博士研究員として、がんや循環器疾患の研究に従事しました。その後、マサチューセッツ総合病院に新設されたVaccineand Immunotherapy Centerの研究主任となり、米国立衛生研究所(NIH)などから研究費を獲得してインフルエンザワクチンの研究室を主宰。現在は研究員や研究補助員などを雇用し、研究の立案、指導、論文の執筆など研究室の運営に忙しい毎日を過ごしています。

フィジシャンサイエンティストをめざして

  私は学生時代から、フィジシャンサイエンティストphysician scientistという職業に憧れていました。それは、患者さんを診療しながら、医学の進歩に貢献すべく医学研究室も運営するという職業です。医師としてやりがいのある仕事とともに、誰もできないユニークな医学研究をしたかったのです。
  私がアメリカに職を求めたのは、日本にフィジシャンサイエンティストという職がなかったということもあります。アメリカは学問の裾野が広く、仕事のスタイルも多様。世界各国から多様な分野の逸材が集まり、相乗効果で成果が上がっているように思えます。
  私の経験から、この職業はサイエンスが単純に面白いと思える人に向いていると思います。学生時代も膨大な量の論文を読んだり、データを解析したりしましたが、現在はその時以上に勉強していると思います。
  この仕事を続けるためには、仕事に直結した基礎学力(数学、科学)が重要であることはいうまでもありませんが、高い語学力(英語力)も要求されます。研究の世界ではアメリカでも日本でも、国境や言語、文化の壁を超えた活動が不可欠で、科学論文はすべて正確な英語で書かれなければならないからです。皆さんも英語の勉強を頑張っていると思いますが、私の場合、受験勉強の英語が今でも直接役に立っています。

その時にできる努力を惜しまずに

  社交性や豊かな人間性も重要です。日本と違い、若いうちからトップに立ち責任をもって研究室を主宰、自分の判断と責任で部下の仕事やスケジュールを管理することになるのでなおさらです。普段から家族ぐるみのバーベキューや寿司パーティーをするなど、日本とはまたひと味異なったつきあい方が必要だと感じています。
  但し、外国で長期間暮らす上で、日本人としてのアイデンティティを失わないことが大切。あくまで日本人として、日本の文化や伝統を大切にし尊重することが自分を支えることになります。また周りの人もそれを期待しているところがあります。日本的な発想、日本の文化に造詣が深いことは逆に尊敬につながるのです。
  自分が育った環境と違う文化、言語の中で暮らしていく苦労はもちろんあります。アメリカに限ったことではありませんが、日本の常識が通用しないことは多々あります。ヨーロッパ以外の外国から来た場合、日常生活や仕事で差別されていると感じることもあります。そのかわり、社会が基本的に競争原理で成り立っているので、誰でも努力し成果を出せば評価されるのも真実。それがこの国の進歩につながっているといえましょう。
  最後になりますが、10代をどのように過ごしたかは、その後の人間形成や人生の選択肢に大きな影響があります。私は目標達成のために、その時にできる努力を惜しまずにしてきたと思います。高校時代は比較的のんびりしており、後押しもしてもらったのですが。
  佐久長聖高校は有数の進学校になり、努力したり適切な助言を受けたりできる環境はさらに整っていると思います。今後も有望な若者の輩出を担う長野県の中心的な教育機関として、母校の更なる飛躍を期待しています。