在校生・保護者の皆様へ

PTA総会開催のご案内

下記よりご確認ください。



《在校生・保護者の皆様へ》

大学進学情報

以下のコンテンツをご覧いただけます。

大学進学情報


《在校生・保護者の皆様へ》


《在校生・保護者の皆様へ》

事務書類のダウンロード

以下のメニューから必要な書類をダウンロードしてご利用ください。
印刷はB5サイズの用紙でお願いします。



《在校生・保護者の皆様へ》

学校感染症の出席停止期間について

  学校保健安全法で定められた学校感染症に罹患した場合は、疾患の悪化予防および他の生徒への感染予防のため、出席停止となります。この期間は欠席とはなりませんので、各家庭で病気の治療に専念してください。

学校感染症に罹患した(罹患の疑いがある)場合

  • ① 保護者の方が、電話またはFAXで学校に連絡をしてください。
  • ② 必ず医療機関で受診し、医師の判断を仰いでください。
  • ③ 病状が回復したら、医師に「治癒証明書」を作成してもらってください。
  • ④ インフルエンザについて。出席停止期間は「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」です。ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません。なお、再登校するにあたって、「治癒したかどうか」という医師の診察を受ける必要はありません。治癒証明書は保護者の方の記入で構いません。
  • ⑤ その他の学校感染症について。登校を開始するときには、医師のサインのある「治癒証明書」を学校に提出してください。

学校感染症と出席停止期間

種類病名出席停止期間の基準
第1種1類感染症と2類感染症エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、鳥インフルエンザ治癒するまで
第2種飛沫感染するもの
※病気により右の期間。ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではない。
インフルエンザ発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳特有の咳が消失するまで、又は、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか)特有の咳が消失するまで、又は、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)解熱した後3日を経過するまで
風疹発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう)すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱)主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核病状により学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎
第3種学校で流行を広げる恐れのあるものコレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症病状により学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めるまで
条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる感染症の例溶連菌感染症、手足口病、ウイルス性肝炎、伝染性紅斑、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ肺炎、流行性嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)