先輩からのメッセージ

中高一貫生の合格体験記

合格を手にするために

金田 康資さん(平成28年度 信州大学 医学部医学科 入学)

  私が大学受験を意識するようになったのは、高校2年生になってからでした。大体その時から、周りも受験を意識しだしたように思えます。そして、その時から次の四つのことを心掛け始めました。
  一つ目は、効率を良くするということです。勉強できる時間、特に集中できる時間には限界があるため、その中でいかに多くの事を身に付けることができるかが問題になってくるので、やるべき事を徹底的に洗い出しました。これにより、短い時間の中でもより高い学力を身に付けることができました。
  二つ目は、ダラダラ勉強をしないということです。集中していない時にいくら長時間勉強をしても、身に付くものも身に付きません。ですから、集中力に限界が来たと思った時には、別の事を考えたりするなどして、一回リセットすることで、結果的により多くの事を学ぶことができたと思います。
  三つ目は、友人と教えあうことです。わからない事は友人に教わり、しっかりと確認することが大切です。また友人から聞かれた時にきっちりど説明することで、自分が細部まで理解できていることを確認することができます。よく、先生が「受験は団体戦」とおっしゃっていましたが、その理由の一部はここにあるように思います。
  四つ目は、様々な情報に触れることです。多くのニュース、新聞、本などに触れることで、学習した事をより現実的に感じることができ、普段の授業により身が入り、より強く印象に残るので、より効果のある学習ができます。
  これらの事を心掛けながら、楽しく効率的な学習を積み重ねたことが、合格につながったと思います。最後に、今の自分があるのは共に学んだ友人、支えてくれた家族、先生方のおかげです。本当にありがとうございました。



進路を決めてから合格するまで

阿部 楓子さん(平成28年度 筑波大学 芸術専門学群 構成専攻 入学)

  私が進路を決定したのは高校に入ってからでした。大学では自分の好きなことを勉強したいという思いが強かったので、美術系の大学へ行こうと思いました。最初は、中学から私立に入れてもらったのに、これで良いのだろうかと思うこともありましたが、アートクリエーション部の中高一貫コースの先輩に美大志望の人がいて、一貫生であっても色々な道があることを知り、目指すことに決めました。その後、親や先生と相談して、自分の強みが活かせる筑波大学芸術専門学群を第一志望にしました。
  この学群は実技と学科のバランスが大切で、実技だけでなくセンタ一の得点も重要になってくる学部です。実技があるので他の人よりセン夕一対策の時間がとれない分、効率よく勉強しようと思いました。そのために私が心がけたのは復習です。セン夕一試験が近づくにつれて、授業が演習中心になっていきます。その中で私は、一つひとつの演習の復習をしっかりやり、自力でわからない問題は先生に質問していました。その時に、ただ見て復習するのではなく、ノートを作るなど手を動かすようにしていました。また、復習する時間がとれずに消化不良になることを避けるため、自由参加の補習は「とりあえず出ておく」のではなく、内容によって出るかどうかを決めていました。これらに気をつけて学校での勉強を中心に対策をしていたら、一般の私大にも合格することができました。
  私が合格して感じたことは、闇雲に勉強するよりも、一度立ち止まって自分の状況を冷静に見ることが大切だということです。自分に足りない所を見つけてから勉強した方がバランスがとれて、良いと思います。
  最後に、何度も私の質問に付き合ってくださった先生、丁寧に実技の指導をして下さった先生、つらい時に励まし、元気をくれた友達、応援し支えてくれた家族や親戚など、周りの人たちのお陰で合格することができました。本当にありがとうございました。



「長聖」だからこその夢実現

坂口 大勢さん(平成28年度 早稲田大学 教育学部 社会科・地理歴史 入学)

  私は中高一貫課程の生徒として、6年間長聖にお世話になりました。入学当初は下から20番くらいの成績だった私が第一志望大学に合格することができたのには、大きく3つの理由があると思います。
  一つ目は、「とても素晴らしい授業を受けられた」ということです。特に英語の授業では、文理を問わない習熟度クラスであったことで東大医学部などの難しい試験問題に触れる機会を増やし、英語力を伸ばすことにつながったと感じています。また最初のころは予習やドリル、単元テストなどの最の多さに、ついていくことだけで精いっぱいでしたが、その積み重ねののちに実際の試験問題を多く演習するようになり、実際の試験の際も普段通りの力を発揮できた気がします。
  ニつ目は、「疑問を持ち越さない学習ができた」ということです。授業後には、授業中分からなかったことだけではなく、自習の際に出てきた疑問点を、先生はもちろん友人に聞いて理解し、その上で再度自分で解いてみるというサイクルを崩さなかったことで、確かな知識を得られたのではと感じています。当初は苦手科目であった数学に対してもこの姿勢で臨んだことで、苦手意識も払拭することができました。
  三つ目は、「『学校が第一である』という意識で生活した」ということです。私は恥ずかしながら家庭では勉強に集中できませんでした。しかし、朝は5時半に起床、始発電車で登校し帰りも最終下校時刻までは自習、家に帰ったら早く就寝する、休日も学校で自習するという「学校第一」「授業集中」を意識して生活を送りました。勉強の時間と場を固定して、その特牲を最大限活用できたことも、合格を勝ち取れた大きな要因だと考えます。
  そして何より大きいのは、長聖に集った「仲間」の存在です。共に学びあい教えあい、そして疲れた時には楽しく遊びあえた同級生との出会いにも感謝しています。




《先輩からのメッセージ >> 合格体験記》

総合力を身に付けること

田丸 昌憲さん(平成27年度 筑波大学 人文文化学部人文学類 入学)

  私は小学生の頃から理科と歴史に興味を持ち、また、教師になる夢を持っていたので、比較的文系理系の区別なく勉強できる筑波大を選びました。
  佐久長聖は同じように、安易に文系科目だけに絞ることなく最後まで文理両科目を延ばす授業をしてくれるため、総合力が付いたように感じます。
  レベルが高く、分かりやすい授業をしてくれた先生方、また2月の末までともに競い合ってきた友人達の存在のおかげで、今回の結果を出せたと思っています。本当にありがとうございました。



多くの人に支えられて

樫山 拓斗さん(平成27年度 東京大学 文科一類 入学)

  私は中学・高校の6年間で様々な人に支えられてきました。
  それぞれの教科において目標やライバルとなる仲間がいたことが,自分にとってのモチべ一シヨンとなっていました。
  何度も解答を添削してくださった先生、親身になって相談に乗ってくださった先生、合格した時、自分のことのように喜んでくださった先生。そんな先生方に感謝しています。この佐久長聖ですばらしい仲間や先生方と出会うことがなかったら、私は東京大学に合格することはできなかったかもしれません。



日々を誠実に生きる

宮﨑 乃輝さん(平成27年度 東京外国語大学 国際社会学部国際社会学科 入学)

  私は佐久長聖で多くのことを学ばせていただきましたが、その中で最も佐久長聖らしいのは、日々の生活を誠実に生きることの大切さです。私自身はなかなか実践できませんでしたが、それを体現している先生方や優秀な友人たちからは常に刺激を受けました。私は6年間、館で生活しましたが、朝から夜まで学習室で勉強している友人たちがいたから、私も頑張れたと思います。
  私が第一志望合格を果たせたのは、先生方の的確な受験指導や必要に応じた補習によるところが大きいと思います。きちんと努力すれぱ結果が出せる学校だと思います。自分の決めた目標に向けて日々努力することが大切でしよう。



自分を奮い立たせて

水谷 乃梨さん(平成27年度 信州大学 医学部医学科 入学)

  私はやる気が出ず、だらけてしまう時にはいつも「他の皆はきっとこの時間にも勉強しているんだ」と思い、自分を奮い立たせていました。そう思わせてくれる仲間がたくさんいたことにとても感謝しています。また、朝早くでも、学校が閉まる間際でも、私の疑問に丁寧に答えてくださった先生方の存在があったからこそ、日々着実に成長できたのだと思います。そして、勉強を本気で始めた頃はまったく成績が上がらなかったけれど、自分なりの勉強法を貫き通し、最後には自分を信じて試験に臨めたことが最大の勝因だと思っています。




《先輩からのメッセージ >> 合格体験記》

自習室を活用して

関島 真美子さん(平成26年度 東京大学 文科三類 入学)

  中学に入学してすぐに担任の先生に言われた言葉から東大をあきらめかけた時もありましたが、先生方の支えもあって乗り越えることができました。朝7時から夜7時まで開いている高校の自習室は、勉強習慣の確立から学力の向上まで私の居場所でした。そして最後まで一対一の指導をしてくださり支えとなってくださった先生方に大変感謝しています。



数学への思い

篠原 理宏さん(平成26年度 京都大学 理学部 入学)

  私は中学の時に「高校への数学」という本を読んで以来、数学に興味を持ち、大学で専攻したいと考えるようになりました。京大を目指した理由は、京都へのあこがれとともに、理学部が数学で有名だったからです。
  佐久長聖では授業や補習が充実していて、入試レベルの問題演習を数多く積むことができました。そのおかげで合格を勝ち取ることができ、大変感謝しています。



6年間の寮生活

武市 哲さん(平成26年度 信州大学 医学部医学科 入学)

  私は中学入学時から医学部への進学を希望してきました。医学部受験にあたって一番不安だったのは面接でしたが、6年間続けた寮生活や強歩大会などの行事の体験が役立ちました。苦手だった文系教科もあきらめずにやって良かったと思います。
  今回良い結果を残せたのも、教えてくださった先生方、ともに励んだ友人達、支えてくれた両親のおかげだと思います。本当にありがとうございました。



同級生の姿を見て

荻原 伸祐さん(平成26年度 一橋大学 法学部 入学)

  私は高校1年まで大学受験に関してあまり深く考えていませんでした。しかし、高校2年の夏頃、意識の高い同級生の姿を見て先生方のご指導を受けたことで、受験に真剣に向き合うことができるようになりました。先生方が質問や相談に熱心に応じてくださった上、授業や補習が充実しており、志望校の傾向に合致した対策を行えました。私が努力を続け、合格できたのは、学習環境がよく整った佐久長聖で6年間学んだからだと思います。