先輩からのメッセージ

中高一貫生の合格体験記

佐久長聖での6年間は、かけがえのない時間でした。
 青山 七海さん(2016年度 卒業生)東京大学文科三類1年

  私は「東京大学に行きたい」という夢を持ち、佐久長聖中学校に入学しました。精一杯頑張ると決意し、早期に目標を設定したこと、そして最後まで諦めなかったことが結果に繋がったと思います。
  中学・高校では、塾などは利用せず、学校の授業中心で学習を進めました。レベルの高い授業についていくため、日々の課題や予習復習に力を入れました。今、目の前にあることにコツコツと取り組むことが何よりも大切だと実感しました。その積み重ねが、試験本番での自信になりました。
  先生方には、入試直前まで丁寧に授業や個別添削指導をしていただきました。そのたくさんのアドバイスに、私は何度も励まされました。また、目標実現に向けて共に努力する友人の存在も大変大きかったです。頑張る仲間が身近にいる佐久長聖の環境は居心地のよい空間だと感じました。17期生の一員として学ぶことができて幸せでした。最後に、常に私を支え、応援してくれた家族に、感謝の思いを伝えたいです。
  ようやく開かれた門にいよいよ一歩踏み出します。これからも「佐久長聖」を誇りに、前を向いて歩んで参りたいと思います。




私にとって佐久長聖は、贅沢な環境だったと思います。
 近藤 圭一郎くん(2016年度 卒業生)京都大学医学部医学科1年

  より広い選択肢をとれるようにという親の配慮と、館で過ごしてみたいという私の希望から、佐久長聖中学校に進学しました。
  中学では、学習に励む一方、館生活では楽しい時間を過ごし、社会生活の基本や、大学に入ってからも連絡をとりあう友人たちなど非常に多くのものを得ました。夜の学習会や朝の点呼で、学習時間を確保した規則正しい生活習慣をつけることができたのは、受験生になってからとても役立ちました。他にも、多種多様な体験学習や海外語学研修、部活動、委員会や聖華祭など、佐久長聖中学では多くの課題活動にチャレンジすることができました。
  中学高校を通して、佐久長聖の先生方にはとてもお世話になりました。中学では万事至らない私たちに粘り強く向き合い、高校でも私たちの自主学習会などの活動を快く理解し相談に乗ってくださり、進路指導も親身にしていただきました。
  その結果、私はこうして自由な選択をし、悔いのない生活ができています。佐久長聖での6年間が、現在の私を形づくっていると思います。