夢の実現に向けた取り組み

心も体も健全に成長させる多彩な取り組み

食育

  健康な成長を守り、育てる土台は“食”です。1日3食、規則正しくバランスの良い食事が、子どもたちのたくましい体や、豊かな人間性を育みます。食の大切さを学ぶために米(古代米)作りに取り組んでいます。
  食堂では、食材は輸入品をできるだけ使用せず、地元信州の旬の食材を中心に、安心・安全に配慮しています。栄養士が考える献立は、健康に配慮した和食を中心に、生徒の嗜好にも配慮しながら、成長期に必要な栄養のバランスの取れた主食、主菜と副菜、具沢山のみそ汁、デザート、乳製品や牛乳などで構成されます。

ノーチャイム

eトレ  佐久長聖では、試験の時を除き、チャイムが一切鳴りません。時間の自己管理・先取りが大切だということを日々の生活の中で自然に学んでいきます。チャイムが鳴ったから始め、鳴ったから終わり、というのではない良い緊張感が授業に生まれます。

カジュアルデー

  私服で登校できる日ですが、実施していく中で制服の意義や、佐久長聖の生徒としてふさわしい服装について考える機会となります。この日に何を着ていこうかと考えることが大切だという考えから始めました。中学では月1回、高校では月2回実施しています。